Pocket

Hej!

日本のみなさんこんにちは。ラスムス クルンプはデンマークからやってきた、クマの男の子です。

デンマークでは子供から大人までたくさんの人に愛される国民的キャラクターです。

絵本やアニメ、ミュージカルにチボリ公園のラスムス クルンプワールド、

そしてファミリーレストランまで色んな所でラスムスは活躍しています。

そんなラスムス クルンプの事、少しだけですが、ご紹介します。

border

エグモント社について

北欧のメディア業界を率 いるEgmontグループは、従業員数6,600人、30か国で活動。ノルディスク・フィルム、ノルウェーのテレビ局「TV2」、映画館運営、書籍出版、 教育系出版、プレステーション(北欧のディストリビューター)、Zentropaをはじめとする映画制作会社の共同経営などを手掛ける。常に質が高く、内 容が良質な話題(アカデミー候補作品からソチ冬季オリンピックまで)に命を吹き込んで世に送り出すことで成果を出してきた。100以上の週刊誌・雑誌を刊 行。また、Ben10、Dora the Explorer、Disney and Me、Minecraftなどの書籍を出版。(2012年の)Egmontグループの収益は16億ユーロ(約2250億円)で毎年1000万ユーロ(約 14億円)を超える収益金を子どもや若者の生活向上のために寄付している。

http://www.egmont.com/int/About-Egmont/

Egmont…We bring stories to life

Egmont is a leading media group in the Nordic region, with activities in 30 countries and 6,600 employees. Our media world spans for instance Nordisk Film, TV 2 in Norway, cinemas, book publishers, educational publishers and PlayStation as well as a number of partly owned film companies, including Zentropa. Our common pay-off – We bring stories to life – embodies strong publishing values, high-quality content and good stories – from Oscar nominations to covering the Winter Olympic Games in Sochi. We publish over 100 weeklies and magazine titles as well as books – including Ben 10, Dora the Explorer, Disney and Me and Minecraft. Egmont is a commercial foundation that generates revenue amounting to EUR 1.6 billion. Every year we donate over EUR 10 million to help improve the lives of children and young people.

http://www.egmont.com/int/About-Egmont/

bordertivoliborder

siba

nakama

ラスムス クルンプはクルンプとその仲間たちが世界中を船で回って繰り広げる冒険ストーリーです。この世界ではすべてのものが手作りで、船は一から作り家を建て替えたり屋根を修復したり作物を育てて収穫し魚を釣ってデンマークの伝統的なシチュー(Skipper’s Stew)を料理します。そしてラスムス クルンプが出会う誰もが彼の友達になります。
また、ラスムス クルンプのお母さんが近くにいて、いつでもみんなを抱きしめたり、パンケーキを焼いて励ましてくれるような安心できる場所の出来事がお話になっています。
ゆっくりとした時間が流れている場所で、みんな平和に暮らしているのです。

border

charatitle

profile1

border

kuma

ラスムス クルンプは1951年、デンマークで新聞の連載漫画の主人公として生まれました。そして、子供を楽しませる物語とイキイキとした想像力豊かな世界観を描き出した絵との独特な雰囲気で大人にも子供にもたちまち人気となりました。

RK2
1951年11月17日に、デンマークの新聞に連載漫画としてスタートしました。

その後、ラスムス クルンプの絵本はどの子供部屋にも置かれるようになり、その本を読んでいた世代からその子供へまたその孫の代へと読み継がれていきました。今やデンマークでは、赤と白のパンツと青いニットキャップのクマといえばラスムス クルンプと誰もが知っているキャラクターとなりました。また、あるドイツのテレビ局による2001年の調査でドイツの子供の40%がラスムス クルンプを知っているという結果がでるほど他国でも有名になっていきました。

現在のところ、ラスムス クルンプに関しての本は80種類ほど出版されており、新しいものも次々と出てきています。アニメーションは1970年代に登場し、1996年までに52話が制作されました。21ヶ国以上の国で新聞の連載または本として出版され、またそのキャラクターがライセンスとなり、さまざまものが商品化されました。

物語は誰もが子供の頃によくある話で、実際に子供たちはそれに共感を覚え、今ではどの世代からも愛される物語となったのです。

RK1
「ウィルヘルム・ハンセン」と作家「カラー・ハンセン」の夫婦によって生み出された。

border

RASMUS KLUMP, HIS FRIENDS AND HIS WORLD

Rasmus Klump was born in 1951 when he started out as a strip cartoon character
in newspapers. He was an instant success with both children and adults
thanks to a unique blend of his appeal to young children delighted by storytelling
and a style of drawing that elegantly communicated theseries’ sparkling,
imaginative universe.

Since then, Rasmus Klump books have been a fixture in every child’s room,
and the same generation that read Rasmus Klump books to their children can now
read them to their grandchildren. It’s hardly an exaggeration to look upon
the little bear with the red and white pants and the blue knit cap as Denmark’s
most well-known children’s icon. A 2001 study by the German TV-station
WDR (Westdeutsche Rundfunkwerbung) showed that 40% of German children
could immediately recognize the character’s name.

At the time of this writing, there are around 80 different books with Rasmus Klump
and new ones are constantly in production. The first animated cartoon came
along in the 1970s and by 1996, 52 animated cartoons were produced.
Rasmus Klump was published as a newspaper series or in book form in over
21 countries. In addition, the character has been used for a long line of licensing
and merchandising products.

The whole concept around Rasmus Klump and his friends is about things that happens
within a child’s environment and that applies directly to small children their parents,
grandparents, great grandparents…and naturally all their aunts, uncles, and friends
and family. In short…to a VERY broad target group.